お悔やみの花専門店「お供え花工房」トップ > 法事、法要

法事、法要 - お悔やみの花専門店「お供え花工房」

▼法事・法要について
法要の中でも「一周忌」が最も重要とされ、このときにお花を贈るケースが多くあります。
亡くなった翌年が一周忌、その2年後が三回忌です。
三回忌からは亡くなった年数も含めて数え、七回忌、十三回忌・・・と続き、追善供養の法要を営みます。

一周忌以降の法要は、徐々に親族だけで営まれるようになります。
親族といえど、都合が合わずに出向けない場合もあるでしょうから、
そういったときにはお花を贈る事をお勧めします。
祭壇まわりが華やかになり、故人のご供養になるでしょう。
▼法事・法要に贈るお花
法要に贈るお花は、格式ばったお花でないお花が主流で、籠花(アレンジメント)や花束を贈るのがお勧めです。

【お花の色について】
一般的には、亡くなってから一年程度の場合には、色のあるお花を入れない場合で白基調で仕上げる「白上がり」が無難です。
年月に応じクリーム、淡いピンク、ブルー、紫などア淡い色から加えていきます。
法要になれば、故人が好きだった色や明るく華やかな色など、お花の種類や色合いは選択の幅が広がりますので、あまり色に縛られず、ご遺族が寂しい想いにならないようなお花を選んで見てはいかがでしょうか?

【お届けのタイミング】
法要の日取りが決まったり、またその連絡を受けたら、余裕を持ってお花の手配をし、前日の夕方〜当日の早い時間までにお届けするのがお勧めです。

全35件

  • メッセージカード無料 - お供え花工房オンライン特典
  • ラッピング無料 - お供え花工房オンライン特典
  • 会員ポイント - お供え花工房オンライン特典
  • 安心、安全のセキュリティ- お供え花工房オンライン特典