お悔やみの花専門店「お供え花工房」トップ > お通夜・葬儀告別式に送るお花

お通夜・葬儀告別式に送るお花 - お悔やみの花専門店「お供え花工房」

▼弔花を贈る場合
お通夜や葬儀時に贈るお供え花の事を弔花と呼びます。
弔花を贈る場合は、行き違いや混乱を避けるために詳細をきちんと確認してからにしましょう。
斎場によっては、指定業者以外の持ち込み禁止の制限があったり、持ち込み料を請求されるところがあります。
ご遺族の事情によって親族以外の供花を辞退される場合もあります。
お通夜、または告別式の2時間前くらいには式場に届くようにするのが無難です。
▼弔花について
通常弔花では、籠花(アレンジメント)やスタンド花を贈ります。
いずれも、贈り主の一方的な好みや考えを主張するものではなく、金額のみを指定して、後は任せるのが無難です。
スタンド花の場合は、葬儀を仕切る葬祭場や葬儀屋へ以来するケースが多く、金額だけ指定して全てお任せにするとことが多いです。
価格は最低でも15,000円〜が一般的な相場です。
使用するお花は、ユリや菊、カーネーション、トルコキキョウ、洋蘭などの高級花材をメインにしたものが代表的です。

【葬儀が終わった後日にお花を贈る場合】
ご葬儀にお花を贈りそびれてしまった時や、贈れて訃報を聞いた時は、故人のご自宅へ、ご遺族への慰みの気持ちを贈るとよいでしょう。
その際、贈るタイミングはあまり気にする必要はありません。
訃報を知ってすぐに贈る場合、初七日や四十九日に合わせて贈る場合等様々です。
ご遺族の心が安らぐように、お花と一緒にメッセージカードで一文添えると、よりいっそう気持ちが伝わると思います。
▼相場の目安
【スタンド花の場合】
地域によって変わりますが、1基1段:15,000円〜、2段:20,000円〜が目安です。
一般的に「スタンド花」は、勤務先・会社関係の取引先や、学生時代の同窓生、親族のほか、法人・団体が用意するものです。
友人や個人で出す必要はまずありません。

【籠花(アレンジメント)の場合】
地域によっても変わりますが、1籠単体:15,000円〜30,000円、2籠1対:30,000円〜60,000円が目安になります。
籠花はもともと「2籠を1対」としてお供えされてきましたが、最近では1籠単位となっています。

全10件

  • メッセージカード無料 - お供え花工房オンライン特典
  • ラッピング無料 - お供え花工房オンライン特典
  • 会員ポイント - お供え花工房オンライン特典
  • 安心、安全のセキュリティ- お供え花工房オンライン特典