ご霊前・四十九日前
■この度は急なご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
■ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
■〇〇様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■謹んでお悔やみ申し上げます。ご家族皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。どうぞご自愛ください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■ご家族の皆様のお気持ちを思うと今は言葉がありませんが、どうぞお悲しみのあまりお身体を壊されませんよう。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■この度は思いがけないご訃報に接し、信じられない思いでおります。ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■謹んでお悔やみ申し上げます。どうぞお悲しみのあまりお体を壊されませんように、心よりお祈り申し上げます。
■この度は突然のご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。ご家族皆様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。くれぐれもご自愛ください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■悲しいお知らせに呆然としております。お別れに伺えず残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。
■○○様のご逝去の報を承り、謹んでお悔やみ申し上げます。心ばかりのお花ですが、ご霊前にお供えいただければ幸いに存じます。
■○○様のご逝去に深く哀悼の意を表します。皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。どうぞご自愛ください。心よりご冥福をお祈りいたします。
■○○先生のご訃報に接し、悲しみでいっぱいです。先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■最愛の奥様がお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。心からお悔やみ申し上げます。
■ご主人様の突然の不幸を伺い、申し上げる言葉もございません。ご家族のお嘆きはいかばかりかとお察し申し上げます。どうぞお子様のためにもお心を強くお持ちくださいますようお祈り申し上げます。
■○○さんと一緒に過ごした日々は、一生忘れることはありません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
忌明け・四十九日
■謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■ご家族の皆様のお気持ちを思うと今は言葉がありませんが、どうぞお悲しみのあまりお身体を壊されませんよう、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■謹んでお悔やみ申し上げます。お伺いできず残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。
■謹んでお悔やみ申し上げます。心ばかりのお花ですが、ご霊前にお供えいただければ幸いです。
月命日・祥月命日
■○○様のご命日あたり、改めてご冥福をお祈り申し上げます。
■この度は思いがけないご訃報に接し、信じられない思いでおります。知らせを受けたのがつい先日で、お悔やみが遅れましたことお許しください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■心ばかりのお花ですが、ご仏前にお供えいただければ幸いです。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、ご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
■○○様のご命日にあたり、心ばかりのお花を贈らせて頂きました。ご仏前にお供えくださいませ。
■遅くなりましたが、ご命日にあたりお花を贈らせて頂きます。改めてご冥福をお祈り申し上げます。
■○○様の在りし日のお姿を忍び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。心ばかりのお花ではございますが、お供え頂ければ幸いです。
回忌法要
■○○様の一周忌にあたり、心ばかりのお花を贈らせて頂きます。ご仏前にお供えくださいませ。
■月日が経つのは早いもので、一年が経ちましたね。ご生前の面影を偲び、改めてご冥福をお祈りいたします。
■謹んでお悔やみ申し上げますとともに、改めてご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
■早いもので、あれからまた1年が経ちました。改めて〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
■月日が経つのは早いものですね。きっと今も皆様を暖かく見守っていると思います。心ばかりですがお花を贈りますので、お供えいただければ幸いです。
■遠方のためご法事に伺うことができませんが、改めて故人のご冥福とご家族皆様のご健康をお祈り申し上げます。
新盆・新盆
■初盆を迎えられるにあたり、心ばかりですがお花を贈らせて頂きます。ご生前の面影を偲び、改めてご冥福をお祈りいたします。
■○○様の初盆を迎えられ、改めてご冥福をお祈りいたします。ご仏前にお供え頂きたく、心ばかりですがお花を贈らせて頂きます。
■〇〇様の新盆を迎えるにあたり、改めてご冥福をお祈り申し上げます。当日はお参りに行くことができず、遠方より合掌させて頂きたいと思います。
■〇〇様の新盆を迎えるにあたり、改めてご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
■改めて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。暑さ厳しい折、くれぐれもご自愛ください。
■帰省かなわず申し訳ありません。心ばかりですがお花を贈りますので、ご仏前にお供え頂ければ幸いです。
お子様の訃報
■一緒に過ごした日々は、一生忘れません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■〇〇ちゃん御急逝の訃報に接し、ただただ茫然としております。ご家族皆様が一日も早くお元気を取り戻して下さいますよう、お祈り申し上げるばかりです。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■謹んでお悔やみを申し上げます。かわいい笑顔は私達の心の中でも永遠です。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■ご両親の気持ちを思うと言葉もありません。ただお悲しみのあまりお身体を壊すことがないようにと祈るばかりです。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■最愛の〇〇ちゃんがお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。どうぞお気を強くなさってください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
■幼なじみの親友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。たくさんの思い出をありがとう。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
ペットがなくなった時
■〇〇ちゃん、天国から私たちのこと見守っていてね。どうか安らかに。
■〇〇ちゃんの声が聴こえたような気がして、ふと悲しくなります。今までたくさんありがとうね。
■たくさんの思い出をありがとう。ずっと忘れません。安らかにお眠りください。
法人
■この度は急なご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
■ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
■この度のご訃報に接し、深く哀悼の意を表します。心ばかりのお花ですが、ご霊前にお供えいただければ幸せに存じます。
■〇〇様のご永眠に接し、心より哀悼の意を表します。心ばかりのお花ですが、ご霊前にお供えいただければ幸せに存じます。
■貴社〇〇様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
■御社社長様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
■〇〇様のご訃報に接し、弊社スタッフ一同深い悲しみに包まれております。ご生前のご高配に深く感謝するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。
■当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申し上げます。
■社長様のご訃報に、当社社員一同謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申し上げます。
キリスト教
■安らかなお眠りを心からお祈り申し上げます。
■〇〇様の訃報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
■〇〇様の訃報に接し、悲しみにたえません。安らかにご永眠されますようお祈り申し上げます。
■神の御許に召されました〇〇様が、安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます。
■光の中で安らかにお過ごしになられますよう、心よりお祈り申し上げます。